[PR]

 昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公職選挙法違反罪で公判中の参院議員、河井案里被告(46)=自民党を離党=の地元事務所が9月末で閉鎖されることが関係者への取材でわかった。同罪で公判中の前法相で夫の克行被告(57)の地元事務所もすでに閉鎖されており、夫妻は広島での活動拠点を失う。

 閉鎖されるのは、広島市中区のビルにある事務所。関係者によると、案里議員は逮捕前、周囲に「逮捕されたら事務所を閉じてほしい」と話していたという。(松島研人)