[PR]

 第77回ベネチア国際映画祭に「スパイの妻」で参加し、銀獅子賞(監督賞)に選ばれた黒沢清監督(65)が13日、報道各社の取材に応じた。国際映画祭への参加経験が豊富な日本を代表する名匠は、良作が集まるコンペティション部門に選出されることだけで「幸運なこと」としつつ、「今回は最後まで運が味方してくれたなというのが、受賞の一報を聞いたときの実感でした」と語った。

 黒沢監督は今回、新型コロナウイルスの感染拡大のためベネチア入りを見合わせていた。そのため、現地の反応やメディアの論調に接することができず、「何がうけたんでしょう……。本当にピンときていないのが正直なところ」と明かした。

 その上で、「紆余(うよ)曲折や、長い歩みがあったので、ここまで来られたのだなと思う。よく途中であきらめず、もうやめたと言わずにここまで来られた。長くやっていると、こんな幸運が舞い込むのだなと思っています」と、かみしめるように語った。

 黒沢監督が初めて挑んだ歴史映画「スパイの妻」は、太平洋戦争の開戦前夜の神戸で生きる福原聡子(蒼井優)が主人公。日本が戦争へと突き進んでいくなか、満州で恐ろしい国家機密を知ってしまった夫の優作(高橋一生)の暗躍のために、憲兵隊から「スパイ」の嫌疑をかけられる夫婦の姿を描いた。

 黒沢監督は同作について、「海…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら