[PR]

 米大統領選を前に、ロシアなどによる介入の動きが強まっている。マイクロソフト(MS)は、ロシアや中国などが選挙陣営などを対象にサイバー攻撃を行っていると10日に公表。米財務省も同日、ロシアと連携して偽情報を流したとして、ウクライナの議員への制裁を発表した。

 MSによると、ロシアからの攻撃は「ストロンチウム」と呼ばれるグループが行っている。共和党や民主党のコンサルタントのほかシンクタンクや市民団体、党の全国や州の組織など、米欧の200以上の組織を標的にしているという。

 このグループは2016年の大…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら