[PR]

 生まれた時に割り当てられた性別と自分の性の認識(性同一性)が異なるトランスジェンダーの女性に対する差別的な言動が、インターネットを中心に世界的に目に付く。有名作家のそうした発言が波紋を広げる中、性同一性を尊重すべきだという批判の声も。差別の背景には何があるのか。

 お茶の水女子大と奈良女子大は今年度、トランスジェンダーの学生の受け入れを始めた。お茶大が受け入れを発表した2018年ごろから、トランス女性がトイレなどの女性専用空間を使うことにより「トランス女性を装って性犯罪をする人が出る」と訴えたり、トランス女性を「男体持ち」と蔑称で呼んだりする排除的なメッセージが目立つようになった。

 今年6月には「ハリー・ポッター」シリーズの作者J.K.ローリングさんのツイッターでの発言が、トランスジェンダーに差別的だと批判を集めた。ローリングさんはツイートに、月経をめぐる公衆衛生に関するウェブ論考をリンク。論考は、トランスジェンダーの男性や男女の性別にとらわれないノンバイナリーなど、性同一性が女性でない人も含めてすべての「月経がある人」の健康について書いたものだった。

 ローリングさんはツイートで「…

この記事は有料会員記事です。残り1786文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1786文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1786文字有料会員になると続きをお読みいただけます。