写真・図版

[PR]

 観光客に人気の、歴史あるお寺で有期雇用契約で働いています。新型コロナウイルス対策で、拝観の方々には消毒・検温とマスク着用をお願いしたうえで文化財や歴史を説明していますが、それでもマスクをずらして大きな声で質問してくる方もいて、思わずのけぞってしまいます。密を避けるため一時は減らしていた展示も復活。通路も狭いのに……。

お寺で働く50代女性

 修学旅行生や家族連れの拝観も徐々に戻り、シルバーウィークにはどれだけ密になるか、リスクを思うと怖いです。それでもみなさんに拝観に来て頂かないと、私たちの給与にも影響しかねません。勤務が減った分の休業手当もきちんと出ていますし、このご時世、お仕事が続けられるだけでありがたいですが、不安とないまぜです。(関西地方、50代女性)

     ◇

 あなたの働き手としての悩みや葛藤を「職場のホ・ン・ネ」にお寄せください。すでに掲載された「ホンネ」への感想や意見も歓迎です。連絡先を明記のうえ、朝日新聞経済部労働チーム(t-rodo@asahi.comメールする)までメールでお送りください。

こんなニュースも