[PR]

 自民党総裁選は14日午後、東京都内のホテルで投開票が行われ、菅義偉官房長官(71)が、岸田文雄政調会長(63)、石破茂元幹事長(63)を破り、第26代総裁に選出された。16日に安倍内閣が総辞職し、同日午後に召集される臨時国会で菅氏が首相に選出される見通しだ。

 国会議員票、各3票の都道府県連票を合計した開票の結果、菅氏が計377票、岸田氏が計89票、石破氏が計68票で、菅氏が初回の投票で過半数を得た。

 新総裁に選出された菅氏は党役員・閣僚人事に着手する。党内では、党ナンバー2の幹事長に二階俊博氏の再任が有力視されている。15日には公明党との連立政権合意を結び、16日の臨時国会で第99代首相に選出され、菅内閣を発足させる予定だ。

 菅氏は2012年12月の第2次安倍政権の発足に合わせて官房長官に就任。7年8カ月に及ぶ歴代最長政権の番頭役として、安倍晋三首相を支え続けた。

 これまで菅氏は「ポスト安倍」に否定的な姿勢を見せてきたが、首相が持病の再発で辞任を表明すると、「安倍政権の継承」を掲げて総裁選に立候補。岸田派、石破派を除く5派閥が支持に回り国会議員の大半を固めたほか、都道府県連票でも石破氏、岸田氏を大きく引き離した。(石井潤一郎)