[PR]

 鎌倉市の鶴岡八幡宮で毎年9月16日に行われてきた流鏑馬(やぶさめ)神事が、今年は中止となった。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため。台風による中止を除けば初めての事態で、15日からの例大祭も、参列者の人数を絞り、みこしもトラックに乗せての巡行となる。

 例大祭は、1187年に放生会と流鏑馬から始まったとされ、以来、絶えることなく鎌倉の秋の恒例行事となってきた。例年、流鏑馬神事終了後の16日夕刻に柳原神池で行われる鈴虫放生祭は、今年は午後3時からになる。