[PR]

 菅義偉官房長官が第26代の自民党総裁に就任した。「安倍政権の継承」を訴え、議員票、地方票ともに大差をつけて総裁選を制した。8年ぶりのトップ交代で何を受け継ぎ何を変えるのか、注目は党役員・閣僚人事に集まる。新たな布陣で早期に衆院解散・総選挙に踏み切るかも焦点だ。

 「大きな数を頂いたので、安定して自分のめざす政治を行っていける」

 総裁選出から2時間半後、菅氏は党本部での記者会見で圧勝をそう誇った。7年8カ月続けた官房長官会見とは違い、笑顔も頻繁にのぞかせた。

 無派閥で党内基盤が弱い菅氏を押し上げたのは、派閥の力だった。

 岸田、石破両派を除く全5派閥が支持。二階俊博幹事長率いる二階派(47人)が擁立の流れをつくり、最大派閥の細田派(98人)、ともに第2派閥の麻生派(54人)、竹下派(54人)が雪崩を打った。

 投開票直前の菅氏陣営の決起集会では、5派閥の領袖(りょうしゅう)らが壇上で菅氏と「グータッチ」を交わした。麻生太郎副総理兼財務相は過去の総裁選で、投票直前に安倍晋三首相の陣営で議員に提供されたカツカレーの数より、安倍氏の票数が少なかった「食い逃げ」のエピソードを振り返り、「ぜひこの活気、この力を最後まで維持していただくようお願いする」と引き締めた。

■一枚岩ではなかっ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら