[PR]

 自民党の新総裁に14日、菅義偉官房長官が選ばれた。自民党富山県連の予備選挙では、石破茂氏2票に対し、菅氏は1票だった。県内の有権者は、今回の総裁選をどうみていたのか。約8年ぶりに誕生する「新首相」への注文や期待も聞いた。

 不登校の子を持つ主婦の小沢妙子さん(42)=富山市=は、総裁選で教育問題がほとんど議論されなかったことを残念がる。「教育はこれからの国づくりにつながる。もっと(各候補の)考えを聞きたかった」。討論会で気になったのは、菅氏の言葉数の少なさ。「日本のリーダーになろうとしているのに、熱い思いが感じられなかった。私たちの声はちゃんと届くのか。簡単には信頼できない」

 主婦の楠井悦子さん(63)=射水市=は、総裁選自体に興味がなかったという。「菅さんが出るとなったら雪崩を打ったように派閥が支持を表明し、見苦しく感じた」。各議員は信念に従って投票する人を決め、口外する必要もないと思った。一方、「(新総裁が)決まった以上は期待しないわけにはいかない。私たちの生活が良くなるようにお金を使ってほしい」。

 写真家の木原盛夫さん(60)…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら