[PR]

 菅義偉官房長官が14日、自民党の新総裁に選ばれた。総裁選で県連に割り振られた地方票3票は、予備選挙の結果をもとに菅氏に2票、石破茂元幹事長に1票が投じられた。愛媛県内の同党幹部らは今後の政権運営を視野に、菅氏への期待や不安を口にした。

     ◇

 総裁選で割り当てられた3票の投票先を決めるため県連が実施した予備選は、13日に開票された。有権者は県内の党員・党友1万9868人で、1万2297人が投票。投票率は61・89%で、2007年以降に実施した6回の党員投票・予備選の中で最も高かった。

 総裁選投開票後に公表された得票数は、菅氏が6522票(得票率53・13%)、石破氏が4883票(同39・78%)、岸田文雄政調会長が870票(同7・09%)。ドント方式で県連の3票を配分した結果、総裁選では菅氏に2票、石破氏に1票が投じられた。

 県選出の国会議員は、塩崎恭久…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら