日産のカルロス・ゴーン元会長が東京地検特捜部に逮捕された事件。これまでの経緯と、2020年9月15日に始まった裁判のポイントをまとめました
[PR]

 日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告(66)が約91億円の役員報酬を有価証券報告書に記載しなかったとされる事件で、共犯として金融商品取引法違反の罪に問われた元代表取締役グレッグ・ケリー被告(64)の初公判が15日午前、東京地裁(下津健司裁判長)で始まった。ケリー元役員は「私は犯罪の共謀に関与していない。ゴーン氏を退任後もつなぎ留める方法を合法的に検討した」と無罪を主張した。

 法人として起訴された日産は起訴内容を認めた。

 ゴーン元会長は金商法違反罪のほかに、中東の友人に日産資金を不正送金したなどとする会社法違反(特別背任)罪で起訴された。一連の事件で初めての裁判となるが、ケリー元役員が起訴されたのは金商法違反事件だけで、特別背任事件は審理されない。海外に逃亡中の元会長の裁判の見通しは立っていない。

 起訴状によると、ケリー元役員はゴーン元会長と共謀し、2010~17年度の元会長の報酬が計約170億円だったのに、有報には約79億円と虚偽の記載をし、残りの約91億円は隠したとされる。

 裁判の主な争点は①未払い報酬…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら