[PR]

 銀行に預けられたお金がドコモ口座を通じて不正に引き出された問題で、ゆうちょ銀行では、ドコモ口座に加え、ほかの五つの決済サービスにも引き出されていたことが分かった。ゆうちょ銀を所管する高市早苗総務相が15日の閣議後会見で明らかにした。

 高市氏によると、総務省による10日のヒアリングなどで把握したという。被害額や、ドコモ口座以外のサービスの名前には触れなかった。

 不正な引き出しに使われた合計六つのサービスのうち、ドコモ口座を含む二つのサービスは新たな登録などをすでに停止した一方で、残る四つのサービスは登録などを続けているという。

 高市氏は、ドコモ口座以外を通じても被害が出たことを受け、「幅広く(口座)振替サービスに関して不審な出金がないかどうか確認しないといけない」と指摘した。一連の問題を所管するのは、一義的には総務省ではなく金融庁であることを踏まえつつ、「大切な財産を守るべきことだから、あえて申し上げた」とも語った。