早慶の「捕手対決」に注目 大阪桐蔭出身の福井と岩本

有料記事

山口史朗
[PR]

 東京六大学野球は19日、秋季リーグ戦が開幕する。2回戦総当たり制(1校10試合)。春季リーグを8月に開催した東京六大学は九回打ち切りで延長戦は行わず、ポイント制(勝利1、引き分け0・5)で順位を決める。

 同じ高校出身で同じ学年、そしてポジションも同じ捕手。慶大の福井章吾(3年)と早大の岩本久重(同)は大阪桐蔭高時代から競い合ってきたライバルだ。互いに正捕手になって迎えた今年。「早慶」の扇の要は「負けられない」と火花を散らす。

 長い東京六大学の歴史を振り返っても、同じ高校出身で同学年の同ポジションの選手が早慶でレギュラーというのは異例だろう。

 「自分を高めていく上で絶対…

この記事は有料記事です。残り1124文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!