[PR]

 かつて、日本の家庭の多くにミシンがありました。服や手提げかばんが、つくられました。

 家庭用ミシンの販売台数は、1999年には100万台を超えていました。でも、その年をピークに販売台数は減り、2019年は49万台となり、半分以下になってしまいました。

 衣料品、雑貨などが何でも買える世の中になったこと。さらに、このコラムでもあとで触れますが、ミシンを使うことへの高いハードルがあること。それらが原因だと思われます。

 そんな中、業界最小のミシンメ…

この記事は有料会員記事です。残り4861文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り4861文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り4861文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも