わいせつ行為で免職の教員、処分歴の閲覧40年に延長

有料記事

宮崎亮
[PR]

 児童生徒へのわいせつ行為などで懲戒免職され教員免許を失った教員について、文部科学省は15日、処分歴などの閲覧期間を現行の過去3年から40年に延ばすと発表した。免許を再取得した教員が処分歴を隠したまま採用されないようにし、同種の被害を防ぐ狙いだ。

 懲戒免職で教員免許を失った教員は名前や失効年月日などが官報に載る。文科省は2018年に処分歴が閲覧できる「官報情報検索ツール」を作成。希望する都道府県教育委員会などに採用業務の参考資料として提供している。「機微な個人情報」のため、情報管理の徹底などについての同意書の提出を求めている。

 このツールについて、今年11月から過去5年分、来年2月中に40年分を検索可能にする。

 文科省は、児童生徒にわいせ…

この記事は有料記事です。残り344文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!