ソフトバンクにおびえる携帯ショップ 「D評価3回…」

有料会員記事

井上亮
[PR]

経済インサイド

写真・図版
東京都内のソフトバンクショップ=2020年3月 (本文とは直接関係ありません)

 「1カ月だけ使ってその後解約すればいいですから」。こんな売り文句で、携帯ショップで要らないサービスを契約したことはないだろうか。こうした販売手法の背後には、携帯電話会社とショップを運営する代理店の「いびつ」な関係性がある。携帯料金値下げに向け、国もメスを入れようとしている。

携帯電話業界にまつわる情報やご意見は、 keizai@asahi.comメールする にお寄せください。

 「店を強制で閉めるか、売れってことですね?」。ソフトバンクショップを運営する代理店経営者の問いかけに、ソフトバンクの営業担当者は「まあそうですね」とそっけなく答えた。「強制閉店」を告げられた「IFC」の大西誠社長は今年6月、ソフトバンクなどを相手に委託契約を解除しないよう東京地裁に申し立てた。

 ソフトバンク側が「強制閉店…

この記事は有料会員記事です。残り1422文字有料会員になると続きをお読みいただけます。