[PR]

 新党名でまたもや混乱――?

 15日にあった新「立憲民主党」の結党大会。承認を得るために配られた党の綱領に、思わぬ誤植が見つかった。1ページ目の本文にある党名の「立憲民主党」が「民主党」と表記されていた。

 旧・立憲民主党と旧・国民民主党などでつくる新党の党名をめぐっては、旧立憲の枝野幸男氏が「立憲民主党」を提案し、旧国民の泉健太氏が「民主党」を掲げていた。新党に所属する国会議員の投票によって「立憲民主党」に決まったという経緯がある。

 にもかかわらず、出席者に配られた綱領の基本理念には「強い決意を持って民主党を結党します」と表記されていた。この誤植に、新党で副代表を務める玄葉光一郎氏は壇上で「このままで良いではないかという方もいるかもしれないが」と言いつつ、訂正を求めた。

 投票で負けても、「民主党」へのこだわりが強い議員も多く、「わざとではないのか」と疑う声も。結局、「立憲民主党」に修正されたうえで、綱領は出席議員の拍手で承認されたが、苦笑いの中での門出となった。(吉川真布)