[PR]

 鳥取県民にとってはおなじみの「白バラ牛乳」を作る大山乳業農業協同組合(鳥取県琴浦町)と、ハンドバッグメーカー「バルコス」(同県倉吉市)が、牛乳パックのデザインを再現したコラボレーションバッグを制作した。16日から販売する。

 大きさは、縦23センチ、横11センチ、奥行き9センチ。500ミリリットル入りの「白バラ牛乳」と「白バラコーヒー」のデザインをそのままバッグに落とし込んだ。外側のデザインだけでなくバッグの内側も、それぞれ、牛乳の白色と、カフェオレ色をあしらうなど、細部にまでこだわったという。

 県内の魅力的なコンテンツをもっと発信したいと、バルコスの方からコラボ商品の企画を持ちかけた。バルコスの山本敬社長は「県民みんなが知っている白バラの独創的なパッケージにうちのバッグ作りのノウハウを生かせないかとずっと考えてきた。再現性も実用性もあって非常にうまくできたと思う」。

 大山乳業の小前孝夫組合長は「多くの方に親しまれるパッケージをこれからも大事にしたい。見た目は牛乳パックそのものだけど、合皮製だから、この中に牛乳は入れないで」とほおを緩ませた。

 税別3900円。倉吉市と東京のバルコス本店や大山乳業の直営店などで販売する。バルコスのオンラインショップでも購入できる。各500個限定。(矢田文)