[PR]

 島根県は15日、県内の100歳以上の高齢者の状況(1日現在、年齢は15日現在)を発表した。人数は計860人で、前年比145人増。人口10万人あたりの人数は127・6人で、8年連続で全国最多だった。厚生労働省によると、10万人あたりの人数が120人を突破したのは、全国で初めてだという。

 県によると、県内の100歳以上の高齢者のうち、女性が745人、男性が115人。市町村別では、多い順に松江市192人、出雲市183人、益田市66人だった。また、人口10万人あたりでは、吉賀町が341・63人と最も多く、美郷町の340・68人、川本町の286・90人が続いた。

 県内の15日時点での最高齢者は女性で、1910(明治43)年に生まれた益田市匹見町の藤井栄さん(110)。男性の最高齢は松江市八雲台の飯塚一雄さん(108)だった。

 県高齢者福祉課の担当者は「豊かな自然があるし、畑仕事や地域のボランティア活動、公民館活動などに精力的に取り組んでいる。それが元気な高齢者が多い要因ではないか」と話す。(浪間新太)