[PR]

 愛知県江南市小杁町の国営木曽三川公園フラワーパーク江南で、高さ2~3メートルのパンパスグラスが見ごろを迎えた。初秋の訪れを感じさせるイネ科の植物。花穂(かすい)が風にそよぐ様子を散策する人たちが楽しんでいる。

 園内の「風の庭」に47株ある。南米原産で、名前はアルゼンチンの大草原(パンパ)にちなむ。パークによると、ふさふさして銀白色に輝くのは雌花で、雄花は赤茶のような色合いをみせるという。(荻野好弘)