[PR]

 確定申告の最中に心肺停止で倒れた男性(79)に対して適切な救命措置をしたとして、志太消防本部は14日、藤枝税務署に感謝状を贈った。男性に蘇生措置をした職員の森田博明さん(35)が代表で表彰を受けた。

 同署によると、今年3月9日、焼津市保福島のシーガルドームで行われていた確定申告に訪れた男性が突然、受付で仰向けに倒れた。森田さんが駆けつけて他の職員と協力し、救急隊員が到着するまで、心臓マッサージやAEDを使った救命措置を講じた。

 税務署では年1回、救命講習を実施。森田さんは「講習の模擬体験で使い方を覚えていた。お陰でうまく対応できた。今後も真剣に取り組みたい」と話す。松浦一仁・同本部消防長は「講習の成果を発揮し、引き続き救命活動にご協力お願いします」と述べた。(戸田和敬)