[PR]

 埼玉県熊谷市の民家3軒で2015年9月に男女計6人が殺害された事件では、強盗殺人などの罪に問われたペルー国籍のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(35)の無期懲役の判決が確定することになった。「被害者の感情を無視して法律だけを当てはめた裁判官に激しい怒りを感じました。判決には今も納得していません」。あれから5年。遺族の男性(47)が思いを語った。

 「やっぱりダメか、という感想です」。10日夕、男性は無期懲役が確定するという知らせを熊谷市内の自宅で聞き、静かに話した。妻の加藤美和子さん(当時41)、長女美咲さん(同10)、次女春花さん(同7)を自宅で殺された。

 東京高裁が一審の死刑判決を破棄して無期懲役への減刑を言い渡したのは昨年12月。統合失調症による被害妄想の影響で被告が「心神耗弱状態」だったと認定した。検察側は「適法な理由が見当たらない」として上告を断念した。

 あの日の悪夢がよみがえるとき…

この記事は有料会員記事です。残り879文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り879文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り879文字有料会員になると続きをお読みいただけます。