[PR]

 柿の実に含まれる渋みの成分「柿渋」(柿タンニン)に、新型コロナウイルスの感染を抑える力がある。そんな研究成果を奈良県立医科大学(橿原市)が15日、発表した。果実よりも高濃度の柿渋が必要で、今後は感染予防に効果のあるアメやラムネなどの食品化をともに進める企業を公募するという。ヒトでの臨床実験はまだ行われていない。

 柿渋は柿の実の黒い点々に含まれていて、防腐剤や染め物などに用いられている。新型コロナウイルスへの有効性について、同大の伊藤利洋教授(免疫学)と矢野寿一教授(微生物感染症学)のグループが実験で確認した。

 実験は、唾液(だえき)などを使って口内や体内を再現した液中に、新型コロナウイルスだけを入れたものと、ウイルスと柿渋を入れたものを混ぜるなどして比較した。

 柿渋を入れた液中では、感染力…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら