はやぶさ2が選んだ先は…金星に立ち寄る案もあったけど

[PR]

 小惑星探査機「はやぶさ2」が、新たに向かう目的地として、二つあった候補から「1998KY26」を選んだのは、もう一方の「2001AV43」に比べて、より堅実な選択肢だったからだった。

 もし2001を選んでいたら、はやぶさ2は、到着までに金星に近づいて方向を変えなくてはいけない。金星を観測している探査機「あかつき」と一緒に観測できる期待もあったが、太陽に近いため、搭載機器やイオンエンジンの許容温度を超えてしまう可能性があった。また、金星で方向を変えるスイングバイも簡単ではなく、失敗すると目的地に到達できない危険があった。

 一方、1998の場合はそれ…

この記事は有料会員記事です。残り709文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

はやぶさ2探査、50億キロの挑戦 生命の起源探る試み

はやぶさ2探査、50億キロの挑戦 生命の起源探る試み

6年50億キロの旅を続ける探査機はやぶさ2の挑戦をまとめました。[記事一覧へ]