[PR]

 米ケンタッキー州ルイビル市で3月、黒人女性が自宅に踏み込んできた市警捜査員に撃たれて死亡した事件で、市が遺族に1200万ドル(12億7千万円)を支払うことになった。両者の訴訟で15日、和解が成立した。和解条項には市警の改革も盛り込まれた。

 女性は、救急救命士のブレオナ・テイラーさん(当時26)。訴状によると、3月13日未明、自宅で恋人の黒人男性と就寝中、捜査官に踏み込まれ、少なくとも8回撃たれた。テニスの大坂なおみ選手は先月末、全米オープンの1回戦でテイラーさんの名を記したマスクを着用して入場した。

 市警は当時、別の男性を容疑者として薬物捜査にあたっており、この男性の出入り先としてテイラーさん宅が浮上。だが、テイラーさんにも恋人にも薬物での摘発歴はなく、薬物も結局見つからなかったという。

 遺族の代理人によると、和解額…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら