[PR]

 高市早苗総務相は16日午前の退任記者会見で、ゆうちょ銀行での不正引き出し被害がドコモ口座以外にも広がっていると前日の会見で言及したことについて、「役所(総務省)が用意した答えには入っていなかった」と明らかにした。利用者に早く知らせるべきだと自ら判断し、公表に踏み切ったという。

 高市氏は前日15日午前の閣議後会見で、ゆうちょ銀について「ドコモ以外でも不正引き出しの被害が生じている」と暴露。ドコモ口座以外でも、5社のサービスを通じてお金が引き出された被害例があると判明し、ゆうちょ銀が釈明に追われることになった。

 高市氏によると、15日の会見では、ドコモ口座に関する質問に備えて事前に総務省側が「答弁」を用意していたが、そこではドコモ口座以外でも被害が出ていることには触れていなかった。一方、「取扱注意」と書かれた紙には被害状況が記されていた。高市氏は「利用者が危機感を持って口座の記帳に行き、銀行側も責任をもって取り組んでほしい」と考え、あえて被害拡大に言及したという。

 ゆうちょ銀は15日夕の記者会…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら