拡大する写真・図版イチゴの花に乗ったハエ=アピ提供

[PR]

 岡山市南区の住宅街。建設土木会社の一角に間借りした作業場で、ハエの幼虫・ウジ虫が大量に育てられていた。

 「注文に応じられるよう、新しい虫が常に産まれるようにしています」

 そう話すのは、ウジ虫の生産会社「ジャパンマゴットカンパニー」の佐藤卓也社長(59)だ。ウジ虫療法(マゴットセラピー)という日本ではあまり知られていない治療法を、陰から支える脱サラ社長だ。

 ウジ虫――。この体長2ミリほどの白い幼虫が、足の切断を迫られる一部の患者にとっては救世主となるという。

ハエの幼虫・ウジ虫を使った治療法を、陰で支える脱サラ社長がいます。医療用の無菌性ウジ虫を国内で初めて生産。ベンチャー企業として成功しますが、一転、倒産寸前まで追い詰められます。

 東北地方に暮らす70代の女性…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら