[PR]

 東大生でテレビのクイズ番組などで活躍する「謎解きクリエーター」の松丸亮吾さん(24)が、ユーチューブの警視庁公式チャンネルに出演し、上野署の一日署長としてクイズ形式の「一日警察署長の安全教育」を行う。動画の配信は、21日から始まる秋の全国交通安全運動に向けて準備中。子どもたちに謎解きを楽しみながら、事故防止やマナー向上を学んでもらうのが狙いだ。

 松丸さんは16日、警視庁上野署の一日警察署長に就任。後藤治久署長から委嘱状を受け取ると、報道陣から「交通安全運動についての謎解きはありますか」という問いかけを受けた。

 松丸さんは、わずか数秒で「『そこ』が走ることで、『とこ』が学校に行くこと。では、(前記のルールにのっとると)『こつ』が表している言葉はなんでしょう」と、即興でつくったクイズを披露した。

 答えは「交通」。それぞれの『』内のひらがな二文字の間と後ろに「う」を付け加えると、ほかも「走行」「登校」となる。「めっちゃ頭を使いました」と松丸さん。「事故はいつ起きるかわからない。子供たちも交通安全について知る機会になれば」と話した。(角詠之)