[PR]

 119番の通報者から火事や事故、けが人など現場の映像を受け取り、速やかな初動対応をとる。倉敷市消防局が10月からこんなやりとりができる通報システムを導入する。通話だけでは困難なこともあった現場の状況把握がスムーズに進むことが期待されている。

 委託契約するのは神戸市のIT会社が開発した「ライブ119」。通報者のスマートフォンのカメラ機能を使うもので、火事現場やけが人、病人らの情報を119番通報すると、消防局がスマホのショートメッセージサービスでアドレスを送信。これにアクセスすればカメラがシステムとつながって自動的に作動し、映像が消防局と現場に向かう隊員に届く。

 消防局の職員は映像を見ながら位置情報や現場の状況を収集する。さらに別角度からの撮影を求めるなどして詳細を把握。これをふまえ、職員や現場に向かう隊員が初動の内容を決める。病院やけが人の情報を通報した人には、心肺蘇生術など応急手当の方法を説明するなどし、救急隊と情報共有する。

 導入のきっかけは2年前の西日…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース