[PR]

 菅内閣が16日発足した。秋田県出身で横浜市を地盤とする菅義偉氏だが、鈴木直道知事との親密な関係をはじめ、アイヌ政策や観光、農業改革の旗振り役として北海道との関わりも深い。道内の関係者からは新政権への期待と不安の声が聞かれた。

 鈴木知事は16日、「北海道の可能性に大きな期待を寄せられ、その発展に格別のご尽力を頂いている菅総理が国政を担われることは、大変心強い」とのコメントを出した。知事と菅氏は、同じ法政大学卒。知事が市長を務めた夕張市が、かつて財政破綻した時の総務相が菅氏だった縁もあり、良好な関係で知られる。昨年の知事選では、菅氏が応援演説に駆けつけた。

 今月4日も、菅氏は上京中の鈴木知事と面会した。自民党総裁選への出馬を控えるなか、面会の時間を確保する異例の対応で、親密さがうかがえた。こうした菅氏との太いパイプが、今後の道政運営で有利に働くとの指摘もある。(松尾一郎、斎藤徹)

   …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース