[PR]

 自民党総裁選を制した菅義偉氏が16日、第99代の首相に選出された。「安倍政権の継承」を掲げながら、どのように独自のカラーを打ち出していくのか。岩手県内の与野党関係者がその手腕を注視するなか、被災地では政府に頼りすぎるべきではないという空気もある。

 総裁選を通して新型コロナウイルス対策のほか、地方創生や少子化対策を訴えてきた菅氏。自民党県連の岩崎友一幹事長は政策実現に向けて「強いリーダーシップを発揮されることを期待する」とコメント。公明党県本部の小林正信幹事長は「国民の期待に応えられるよう、最大限の力を発揮して頂きたい」とした。

 新大臣のうち、女性は法相と五輪相の2人のみ。旧立憲民主党県連の高橋重幸代表は「女性の登用も少なく安倍政権の『女性のいない民主主義』を引き継ぐもので極めて残念」と批判し、「政権交代を目指し、岩手から野党共闘の潮流を太く大きくしたい」と訴えた。

 安倍政権では森友・加計(かけ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら