[PR]

 16日、菅義偉首相が誕生した。佐賀県内の与党からは期待、野党からは批判の声がそれぞれ上がった。

 「菅さんは地方のことを見てくれている」と歓迎したのは、自民党県連会長の留守茂幸県議。新内閣を「適材適所で実務型」とし、「新型コロナウイルスと経済対策に期待したい。安倍政権を継承してほしい」と語った。

 国土交通相は、公明党の赤羽一嘉氏が再任。同党県本部代表の中本正一県議は「新幹線問題では、山口祥義知事との信頼関係の元に協議がスタートしているので、続投でよかった。負担軽減のため、スキームの変更や法改正も含めた議論を進めてほしい」と求めた。

 一方、合流新党「立憲民主党」…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら