[PR]

 銀行に預けたはずのお金が、勝手に引き出される被害が広がっている。金融機関にお金を預けている人なら、だれでも被害に遭いかねない。いま利用者は、どのようなことに注意すればいいのか。

 今回の不正の手口は、何者かが被害者の銀行の暗証番号などを入手。その情報を使って決済サービスに登録し、連携できる銀行の口座からお金を引き出す、というものだ。そのため、「ドコモ口座」のような外部の決済サービスと、口座振替などの連携をしている金融機関に口座を持っている人は、誰でも被害に遭う可能性がある。

 複数の決済サービスを通じて被害が出ているため、自分が利用している決済サービスでは被害がなくても、別のサービスを通じて被害にあっている可能性もある。複数の銀行口座があれば、それぞれ狙われかねず、特に暗証番号を使い回している場合などは要注意だ。銀行の暗証番号などが、どこで盗まれたかはわかっていない。

 被害の有無を確認するには、通帳記入したり、ネットバンキングで明細を確認したりして、覚えのない出金がないかをチェックするのが一番の早道だ。ドコモの場合、これまでの被害例では「ドコモコウザ」「デイーバライ」などが支出先として表示されていた。ただ、名前だけでは判断できない可能性もある。

 ゆうちょ銀では、自分の口座が何らかの決済サービスと連携しているかどうか、郵便局の窓口やコールセンターで教えてもらえる。心当たりのないサービスとひもづいていれば、被害に遭う危険が大きい。ゆうちょ銀のように被害が確認されている銀行に口座がある場合は、特に確認したほうがいい。

 ただ、利用者が自分で被害を見…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら