[PR]

 みずほ銀行は16日、複数の電子決済サービスを通じて銀行預金が不正に引き出されていたと発表した。件数や被害額は明らかにしていないが、全額を補償したという。関係者によると、被害は昨春ごろ。電子決済サービスにはNTTドコモの「ドコモ口座」が含まれるという。

 みずほによると、銀行口座と決済サービスをつなぐ際、暗証番号などに加えて残高も確認している。被害が出た当時、残高をウェブ上に表示する機能が、主力のインターネットバンキングとは別にあって、不正アクセスを受けた。ウェブへの表示はすでに廃止しており、それ以降、同様の手口による被害は出ていないという。