メラニア米大統領夫人故郷に銅像 前は木像、放火で焼失

有料記事

ウィーン=松井健
[PR]

 トランプ米大統領の妻メラニアさんの銅像が15日、故郷である中欧スロベニアのセブニツァ近郊で披露された。以前に建てられた木像が放火で焼失したため、今回は燃えない素材で再建された。隣国オーストリアのAPA通信などが伝えた。

 メラニアさんはセブニツァで育ち、後に米ニューヨークに移って、トランプ氏と知り合った。

 像は等身大で木の切り株の上に立つ。片手を上げてあいさつしているようなポーズだが、表情ははっきりしない。制作した芸術家ブラッド・ダウニー氏はAFP通信に「トランプ氏の反移民政策への批判を意図している」と語った。

 木像は今年7月4日に燃やさ…

この記事は有料記事です。残り116文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!