拡大する写真・図版ケポス・ストリート・キッチンのフュージョン料理のひとつ、「ホット・スモークサーモン・サラダ」。下には中東味の冷たいポテトサラダ=8月27日、シドニー、小暮哲夫撮影

[PR]

 ちょっと一息しよう。オーストラリアの街を歩いていて、休憩場所を探すのは難しくない。あちこちにあるカフェがフレンドリーに迎えてくれるからだ。でも、コーヒーだけではもったいない。食事も取っていくか。世界各地の食をオージー風にアレンジした料理を出してくれる店もある。そんなカフェを見つけるのは、移民社会のこの国ならではの楽しみだ。

 シドニーの中心部に近い住宅街。静かな通りの角にある「ケポス・ストリート・キッチン」は、訪れた8月のある昼前、屋外のテーブル席のほとんどが埋まっていた。多くの客のお目当ては、フードメニューだ。

拡大する写真・図版シドニー中心部に近いケポス通りにあるケポス・ストリート・キッチン。屋外席に中東料理のフュージョンメニューが運ばれてきた=8月27日、小暮哲夫撮影

 彩り豊かなサラダの上に、スモークサーモンと半熟のゆで卵。「ホット・スモークサーモン・サラダ」は、この店のオリジナルだ。加熱したスモークサーモンと半熟卵の下の冷えたサラダには、ポテトにコリアンダー、刻んだピクルスも入っている。味付けはデュカと呼ばれる中東の調味料。ナッツやゴマにスパイスを混ぜてあり、意外なほど、あっさりとした塩味だ。

 西洋料理のスモークサーモンと、中東風の冷製サラダの組み合わせは、多文化社会ならではのフュージョン(融合)メニューと言える。この店が人々を引きつける理由がここにある。

 オーナーシェフ、マイケル・ランティッシさん(43)はイスラエル出身で、ほかにもフュージョン料理を次々と考案してきた。

 「アラエス・ピタ」は、肉と野…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら