AKBも恋ダンスも踊る笑いで 新歌ネタ王は「さや香」

有料記事

篠塚健一
[PR]

 踊る笑いで新風を吹き込んだ。16日に大阪市内で開かれた「歌ネタ王決定戦2020」(毎日放送主催)で、若手コンビの「さや香」(吉本興業所属)が優勝した。彼らが披露した驚きのネタとは。

社会現象のダンスを笑いに

 14年にともに大阪府出身の新山(28)と石井(32)が結成したコンビ。この日のネタは、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」をはじめとする有名曲の振りをゆるいCM曲などで踊るというもの。おなじみのダンスを、意外な曲と組み合わせるとなぜかこれがピッタリ合ってしまう。動きにキレがある石井の踊りがあればこそだが、オチをつけづらいダンスを笑いに転化していく見事なアイデアだった。そこにツッコミ役の新山の間の良いリアクションが加わることで、笑いは増幅した。

 2人のネタの中には「DA(…

この記事は有料記事です。残り397文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!