[PR]

 かつて、ヒールの高い靴や男性受けするメイクなどの「モテ」コーデを提案し、女性たちを引っ張ったファッション誌が大きく変わっています。戦後最長となった安倍政権下での女性の価値観の変化を、誌面や編集に携わる人たちと振り返りました。

拡大する写真・図版最新号のファッション誌。見出しには、今の社会のニーズを反映したキーワードが並んでいる

「ムダ買いNO!時代」(光文社、STORY 2020年10月号)「“少ない服できちんとオシャレ”が今どきの新基準」(同、CLASSY. 同8月号)……。

 ここ1年ほどの女性ファッション誌の見出しは、そのきらびやかなイメージとは、少し違う文言が並ぶ。

キャラ替えのために3着のコート

 かつては、高額なブランドの洋服やバッグ、アクセサリーなどを多く取り上げ、それらを使ったコーディネートが「おしゃれ」と表現された。例えば、25~30歳前後の女性をターゲットにしたOggi(小学館)は、12年12月号で、予定に合わせて3着のコートを持つよう提案する「“3キャラ”コートで、これが私の一週間!」を特集した。

 しかし、近年は多くのファッシ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら