47都道府県回り「相当ほら吹いた」 北村前地方創生相

菅原普
[PR]

 北村誠吾前地方創生相は17日、後任の坂本哲志地方創生相との引き継ぎ式で、在任中に47都道府県すべてを視察で訪れたことに触れ、「相当、ほら吹いてきましたから。あとの始末をよろしくお願いします」と述べた。地方を軽視するかのような発言にネット上などで批判が出ている。

 坂本氏は引き継ぎ式後の記者会見で、北村氏の発言について「地方創生を大いに宣伝してきたと、北村前大臣なりの言葉で言われたんだろう」とかばった。

 ネット上などで、「安倍内閣がいかに地方創生に本気じゃなかったかがよくわかりました」「人の気持ちを踏みにじる発言」といった批判が出ていることには、「人柄をよく知っているのでそう違和感は感じなかった。こういう受け止め方もあるのかなと感じた」と述べた。

 北村氏は昨年9月の大臣就任会見でも、担当分野について「これからしっかりと勉強させていただく」と述べるなど、その不安定な発言が問題視されていた。(菅原普)