[PR]

 福岡県粕屋町で昨年7月、女性が殺害されて川に遺棄された事件で、殺人や死体遺棄などの罪に問われた住所不定、無職古賀哲也被告(36)の裁判員裁判の判決が17日、福岡地裁であった。岡崎忠之裁判長は「身勝手で残忍な犯行」として、求刑通り無期懲役を言い渡した。

 判決によると、古賀被告は昨年7月6日午後10時半~10時45分ごろ、粕屋町内の路上や畑で、自転車で帰宅中だった女性(当時38)の首を圧迫するなどの暴行を加え殺害。遺体を近くの川に投げ入れ、財布などを盗んだ。

 岡崎裁判長は、古賀被告が2度にわたって女性の首を強い力で絞めたことや、逃げる女性を追いかけたことから「強い殺意があった」と認定。「ゲーム感覚で通行中の女性を狙った」と指摘した。古賀被告に対しては「残りの人生のすべてをもって償い、罪の重さに向き合ってほしい」と述べた。

 女性の夫(47)は、判決後の記者会見で「求刑通りになって少し気持ちが落ち着いた。妻の命はもうないが、被告は生きられる。その差はあまりにも大きい。(判決を聞いて)妻のことや、妻の悔しさを考えた」と話した。(宮坂知樹)