両親・祖父母も現役警察犬 エリート一家の娘がデビュー

有料会員記事

三木一哉
写真・図版
嘱託警察犬になったアビコと飼い主の山下さん(左)と訓練士の大沼さん=8月28日、江差町の江差署
[PR]

 北海道警函館本部の嘱託警察犬にジャーマンシェパードの雌のアビコ(2歳)が加わった。アビコは両親、祖父母が現役警察犬という「警察犬一家」の娘でもある。任期は今月から来年8月までだ。

 アビコは今年の函館本部の審査会で合格した。江差署で8月28日、飼い主の厚沢部町の自動車整備会社役員山下礼さん(37)に警察犬の嘱託書が手渡された。

 訓練を担当したのは公認訓練士の大沼由二さん(56)=江差町。今年の審査会で合格した12頭のうち7頭が大沼さんの「門下生」。道内に39人いる訓練士の中で最多という。

 嘱託警察犬は民間で飼われて…

この記事は有料会員記事です。残り369文字有料会員になると続きをお読みいただけます。