松本元死刑囚の遺骨、次女に引き渡し 東京家裁が決定

[PR]

 オウム真理教の元代表の松本智津夫麻原彰晃)元死刑囚の遺骨と遺髪について、東京家裁が17日、次女に引き渡すと決めたことが、関係者への取材でわかった。対立していた四女側は、決定を不服として東京高裁に上訴する。

 松本元死刑囚は2018年7月に死刑が執行された。関係者によると、執行の直前、遺体と所持品の引き取り先を尋ねられ、四女を指定したとされる。一方、次女や三女らは「(松本元死刑囚の)精神状態からすれば、特定の人を引き取り人に指定することはあり得ない」と反論。四女側が引き取り人を決める審判を家裁に申し立て、遺骨などは死刑が執行された東京拘置所で保管されてきた。

 家裁は、松本元死刑囚の執行前の言葉は「確定的な意思表示だったとみるのは困難」とし、「面会の申し込みを繰り返していた次女らとの関係が最も親和的だった」と判断した。

 四女は17年、両親との相続関係を断ち、教団からも完全に離れて生活していることを明らかにしていた。公安当局は、教団の後継団体などが遺骨や遺髪を神聖視する恐れがあるとみて警戒している。