第1回派閥を否定し、利用した 菅氏を頂に押し上げた数の論理

有料会員記事菅政権発足

[PR]

 「岸田さんや石破さんは、派閥内で飯を食ってるだろ。子どもの遊びみたいなもんだ」。8月末、自民党総裁選に立候補する意向を固めた菅義偉は、自身の勝利を確信したかのように周囲にそう語った。

 この時、すでに党内で菅優位の流れができつつあった。28日に首相の安倍晋三が記者会見で辞意を表明した翌日、菅は党ナンバー2の二階俊博とひざを突き合わせ、総裁選への意欲を伝えた。その二階率いる二階派(47人)がいち早く支持を打ち出したことで、細田派(98人)、麻生派(54人)など大派閥でも、同調する動きが広がっていた。

 「どの派閥も、負ける戦いは…

この記事は有料会員記事です。残り1018文字有料会員になると続きをお読みいただけます。