[PR]

 家庭用磁気商品の「オーナー(販売預託)商法」で多額の現金を集めた「ジャパンライフ」(東京、破産手続き中)について、警視庁などの合同捜査本部が18日、元会長の山口隆祥容疑者(78)=東京都文京区=ら関係者を詐欺容疑で逮捕した。債権者は約7千人にのぼり、各地に被害者がいる。

 ジャパンライフの顧客だった岐阜県の女性(90)は「大切なお金を奪われた。取り戻すことができず、悔しい」と肩を落とす。

 2013年から4年間で約5千万円を投資。知人から「よい積立商品がある」と勧められたのがきっかけだった。地元の代理店に週4回は通い、スタッフや他の顧客と一緒に食事をし、エステも楽しんだ。顧客と関係を築くための同社の典型的な営業手法だった。

 居心地がよく、勧められるままに磁気ネックレスなどを買い、ほかの人に貸す契約を結んだ。購入金額の6%の配当を受け取れる内容で、貯金をつぎこみ、火災保険も解約した。月の配当が最大で20万円を超えた。

和牛、金地金など、繰り返されるオーナー商法。なぜなくならないのか、消費者問題に詳しい弁護士が後半で解説します。

 ところが17年12月、同社が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら