[PR]

 台湾発祥の「タピオカミルクティー」を扱う人気店がひしめき、“聖地”とも呼ばれる東京・原宿で、閉店ラッシュが起きている。「タピる?」という流行語まで生まれた大ブームは、早くも下火になったのか。

 17日夕、原宿・竹下通り。人影はまばらで、通り沿いのあるタピオカ店に客は一人もいなかった。20代の女性従業員は「緊急事態宣言が出た4月から人が急激に減り、売り上げも減った」。人出が多少戻りつつある今でも、売り上げは新型コロナウイルスの影響が出る前の半分という。5月から閉める店が出始め、今夏、この周辺だけでも3店舗が続いた。「うちも撤退を考えている」

 裏通りに店を構える20代の女性店長は「コロナと同時にタピオカブームも去ったのかも」。以前は平日でも行列が日常だったが、今は客が数人という日も。売り上げは9割減という。

 竹下通りを歩いていた高校2年生の女子生徒(17)は「好きで今も飲むけど、飲み過ぎて飽きた感じはある」。高校3年生の女子生徒(18)も「タピオカはもう古い。インスタ映えを狙って写真を撮ることもない」と話す。

「日本タピオカ協会」の設立者語る

 東京や大阪などで15店を展開…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら