[PR]

 武田良太総務相は18日の記者会見で、携帯電話の料金について、「もっと健全な市場競争が果たされれば、1割以上の値下げも可能だ」と述べ、料金の大幅な引き下げに意欲を示した。今後、携帯電話会社の競争を促す施策などの検討を急ぐ考えで、「しっかりとした値下げ策をとっていきたい」と明言した。

 これに先立ち、菅義偉首相は同日午前、武田氏を首相官邸に呼び出し、携帯料金の引き下げを実現するよう、改めて指示した。首相との面会後、武田氏は記者団に対し、「チームを組んで具体的に一歩一歩進めて、しっかりとした結論を出してくれと指示があった」と明かした。

 値下げの実現可能性について、武田氏は「100%やる。できるできないじゃなく、やるかやらないかの話だ」と明言。値下げ幅については「1割とかいう程度だったら、改革にならない。諸外国は競争市場原理を導入して70%下げている」と指摘した。

 シェア1位の携帯会社の料金を…

この記事は有料会員記事です。残り283文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り283文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り283文字有料会員になると続きをお読みいただけます。