[PR]

 函館港の防波堤内にある二つの灯浮標(ブイ)が、このほど撤去された。函館海上保安部によると、もとは青函連絡船の専用航路を示す標識として設定。連絡船専用航路として使われていた第2航路が今年9月25日で廃止になり、ブイも必要なくなった。青函連絡船ゆかりの施設がまた姿を消した。

 第四号灯浮標は1927年11月、第二号灯浮標は1950年2月、それぞれ旧国鉄が設け、67年に海上保安庁に移管した。撤去作業は9月18日早朝にあり、作業船がクレーンで二つの灯浮標を釣り上げて撤去した。(三木一哉)