【ノーカット動画】小池都知事が午後4時から定例会見=嶋田達也撮影
[PR]

 19日から始まる4連休を前に、東京都の小池百合子知事は18日の定例会見で、「旅行・お彼岸の墓参りにいらっしゃる方、外出を予定されている方がいると思うが、体調の悪い方は無理なさらないで下さい。旅先での注意点は基本は変わりません。マスクの着用とか、手指消毒、手洗いなどこれらのことについては引き続きお気を付けいただきたい」と呼びかけた。

 政府の観光支援策「Go To トラベル」で東京発着の旅行商品の販売が18日から始まったことについて、小池知事は「いかにして感染を拡大させないか、都民の皆さんも新しい日常に慣れてきていただいているのではないか。受け入れる側として、都民として外出される際も、利用者として、事業者としてお守りをいただきたいということに尽きる」と強調。その上で「スムーズに動くように、効果が実際にあるように、そしてコロナの感染が拡大しないよう、国と連携しながら進めていきたい」と述べた。

 都内の感染者はいまだ高止まりを続けている。18日も都内では220人の感染が新たに確認され、6日ぶりに200人を超えた。17日に開かれた感染状況や医療提供体制を評価・分析する都のモニタリング会議では、1日あたりの新規陽性者数(1週間平均)が16日時点で181・3人と、前週よりも30人以上増えたことが報告され、専門家からは「さらに増加傾向が続くと、急速に感染拡大することが強く危惧される」と今後への懸念が示された。