[PR]

 例年なら今の時期は大学スポーツの秋季リーグが真っ盛り。だが、今年は新型コロナウイルスの影響が直撃。各競技とも、感染防止策を取りつつ、試合の場を確保しようと苦心している。(中小路徹小俣勇貴、河野光汰)

 雨天の中、12日に「特別大会」が開幕したのが関東学生ラクロスだ。

 男子41、女子63の大学が加盟し、男子は3部、女子は4部までリーグがある。各部は4~6校のブロックに分かれていた。しかし、今季は3~4校ずつのブロックに分け、1位による順位決定トーナメントを行う形式に変更。各校、最低2試合を確保する形式にした。感染拡大防止のため無観客となり、試合会場も公表されない。

 連盟委員長の後藤駿太さん(立教大4年)は「大学のグラウンドが入構制限で使えず、公共施設のみを使う現実的なやり方を、全大学の主将会で意見交換した結果」と言う。「なぜラクロスをしているのか、普段考えないようなことも考えた。勝ち負けを超えて、気持ちが高ぶります」

後半では、大学側から遠征自粛を求められたチームの声などを紹介します。

 特別大会には男子39、女子5…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら