もう一つの補完計画 消える特撮のDNAを次代に残せ

有料記事

小原篤
[PR]

 CGに押され「危機」にある特撮のため立ち上がったのは、「シン・ゴジラ」のあの男だった!

 ミニチュアの街やメカ、ヒーローや怪獣の着ぐるみによる「特撮」の世界。撮影に使った貴重な資料を集めた展覧会シリーズ「特撮のDNA」が「ウルトラマン」をテーマに開催中だ。「特撮の神様」故円谷英二監督の出身地である福島県須賀川市は、資料の保存施設を11月に開館する。特撮文化と職人の技を顕彰し継承しようという動きだ。

 東京都文京区東京ドームシティで10月18日まで開催中の「特撮のDNA―ウルトラマン Genealogy」(特撮のDNA製作委員会など主催)。円谷監督が設立した円谷プロダクションの作品を、現在も続くウルトラマンシリーズを中心に紹介する。

 「ウルトラマン」(1966…

この記事は有料記事です。残り1017文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!